SOHOについてかんがえる

Pocket

皆さんはSOHOと聞いて何を想像するでしょうか。

SOHOとは、Small Office Home Officeの略で、”ソーホー”と読みます。

よく、個人事業主、自営業との違いはなにか?と問われることの多いSOHOですが、SOHOは個人事業であることもあるし、会社運営である場合もあります。

SOHOはただ単に”働き方”を定義しているだけなのです。小さい事務所や自宅事務所を主な勤務場所として、通信を使って外出先や自宅等で働くことをSOHOというわけです。

私は、このSOHOという働き方はとても素晴らしいと考えています。会社勤めがよくないとは思いませんが、私が働くとしたら、会社勤めよりSOHOの方がより自分にあっていると感じています。

というのも、普段から”自分の環境”で仕事することが最も効率が良いと考えているからです。会社などで、自分のデスクがあってある程度自分の環境を構築できるとしても、限度があります。

たとえば、私は文書や資料を作るときに、すぐ手元に複合機が欲しいです。アナログな媒体が推敲やアイデアを書き留める方法として有効だと考えるからです。

しかし、会社のデスクでは必ずしも複合機を自分のデスクに置くことはできません。ゆとりのあるデスクのある会社だと可能かと思いますが、事務机が一つあるだけのスペースでは不可能です。たいてい、そういう会社では業務用の複合機を職場で共有している状態だと思います。そういった状況で複合機を長時間占有したりするのは気が引けますし、何よりもいちいちデスクを立つ時間がもったいないと感じます。アイデアは鮮度が大事ですから、思いついてすぐ行動することが大切です。そういった状況でワンテンポ遅れてしまうと、せっかくのアイデアも腐ってしまいます。

ただ、SOHOにも弱点は多いです。例えば、一人で仕事をすることが多いため、外との接触が絶たれ、孤独を感じることは必至だと思います。さらに多くのSOHOワーカーは個人事業主であることが主です。個人事業主は自分のワークスタイルを勤務時間から給与までほぼ自由に決めることができ、規律をなくしてしまいやすい欠点が考えられます。

デメリット、メリット、どんな働き方にもあると思いますが、皆さんにあった働き方はいったいどういった働き方でしょうか?

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!