Thunderbirdの過去と今

Pocket

Thunderbird、ご存じですか?

logo-e19c8e6706dd

 

 

Thunderbirdは、メールクライアントソフトで、いわゆるデスクトップ型メーラーと呼ばれるものです。昔は電子メールといえばコンピュータを起動して、メーラーを開いて送受信ボタンを押すことで初めて送受信されるものでした。はじめは、テキスト中心のメールから始まり、HTMLメールや添付ファイルを同時に送信できるようになりメールが多様化していくにつれ、メーラーも進化を遂げてきました。現在は、ウェブメールが発達するにつれ、メーラーを使用することは少なくなり、メーラーと聞けばそれぞれ使用していたメーラーを思い出す人も多いのではないでしょうか。私個人は、昔はOutlookを使っていました。Todoや予定とメールを同時に管理できる画期的なソフトで、メールで予定のやりとりをしたりしたときすぐにカレンダーに追加することが出来ました。今ではどんなメーラーにもタスクやスケジュールを管理する機能がついていることが多いですね。
さて、前置きが長くなりましたが、Thunderbirdが2012年に開発をやめるなどの騒動があって早4年が経過しました。実際には開発をやめるのではなく、Mozillaが開発チームを不具合修正に集中させ、新機能追加はコミュニティに任せるという形になりました。実際この4年間では開発は止まることがありませんでしたが、新機能追加は限定的です。やはり、ある意味Thunderbirdは完成した。といっても過言ではないのではないでしょうか。また、この4年間のリリースの速度は過去の(体制下での)リリース頻度より格段に下がり、月に3回程度です。
最近ウェブサイトを開設して、独自ドメインを取得したことでメールサーバを使うようになり、メーラも使うようになりました。しかし、どのメーラを使うべきか悩みます。有料ではずっとShurikenを使ってきたのですが、Thunderbirdの方がより最新なイメージがあったので、最近はどうなってるんだろう?と久しぶりにMozillaを覗いて驚きました。
デスクトップメーラをお使いの方、今どのメーラを使っていますか?

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!