【DTM・実況・歌ってみた】おすすめなどオーディオインターフェイスのお話。

【補足】この記事は随時更新する予定です。新しいおすすめが出たら載っけていきます。

オーディオインターフェイス、ご存じですか?パソコンと接続して様々なオーディオ出力を得たり、機種によっては音をミックスしたりする事が出来るデバイスです。

まず、手軽に声を録りたいだけなんだ!と言う方はエレクトリックコンデンサーマイクかヘッドセットをご検討頂くとして、ダイナミックマイクかコンデンサーマイクを使おうというかたに向けて書いています。(そのうち、ダイナミックマイク、コンデンサーマイク、エレクトリックコンデンサーマイクの違いも書こうと思います。)

オーディオインターフェイス、なかなか初めての方にはどれを選べば良いかわかりにくいもの。そこで!DTMや実況動画、歌ってみたを初めてやろうとしている方へ、H29年春現在のおすすめ情報です!基本的にはおすすめのオーディオインターフェイスを羅列していきます。(ちなみに私は高校生時代から今に至るまでDTM等でオーディオインターフェイスを愛用しています。)



【スポンサードリンク】

メーカー

まず、オーディオインターフェイスを語る上で切っても切り離せないのがメーカー。しかし、メーカーを決めて製品を決めるよりも自分の必要な機能を先に決めて、製品を選ぶ方がより選びやすいと思います。しかし、一応メーカーのことも知っておいて損は無いと思うので大手2社を紹介しておきます。

Roland

言わずと知れた電子楽器メーカーです。オーディオインターフェイスも作っています。機能は多様な事が多いと思います。コンパクトな機種が多い感じがします。

TEAC(TASCAM)

音響機器メーカーで実績のあるメーカです。PA機材が主力商品なので、オーディオインターフェイスも作っています。

 

具体的にはどの製品がいいか

下に示した製品ならどれを買っても間違いなく大丈夫だと思います。また、インターネット上にたくさん情報もありますので、使い方にも困らないかなと思います。

・Rolandの**CAPTUREシリーズ

いくつか種類がありますが、基本的に入出力の数が違うだけで、機能は大差ありません。

・TEACのTASCAM US-366

最大6IN6OUTで使えますが、設定によってIN/OUT数がかわります。

 

他の製品はないの?

他にも、ミキサーにUSBオーディオインターフェイスの機能がついたものや、DAWメーカーで有名なスタインバーグが作っている物もあります。

 

 

コメントを残す