【審査不要・お得】おすすめデビットカードを紹介するよ!

Pocket

デビットカード使ってますか? 私はよく普段からデビットカードを利用しているのですが、今日はおすすめデビットカードを紹介してみようと思います。

【おことわり】本ページでは各公式ウェブサイトのスクリーンショットを利用しています。ご連絡事項がある場合には本サイトの「Contact/お問い合わせ」からご連絡ください。



【スポンサードリンク】

デビットカードって?
現金みたいに使える即時決済カード

デビットカードは現金やプリペイドの電子マネーのように即時払いのカードで、一般のクレジットカードなどのように月々の付け払いではありません。また、電子マネーと異なり銀行口座からダイレクトに利用金額が即時引き落としされます。通帳にもちゃんと利用金額が利用の都度載るのでお金の出納を管理しやすいのも特徴です。

15歳からつくれる

中学生をのぞく、高校生以上から契約して使うことができるので未成年の方でも使うことができます。もちろん、学生でも無職でも使えます。

与信が不要

クレジットカードはつけ払いなのでその人の信用を計って与信を与えるために審査があります。審査には日にちもかかる場合が多い上、必ず審査にとおるとは限らず通ったとしても金額には限りがある場合がほとんどです。しかしながらデビットカードは即時払いなので支払時に銀行口座に支払い能力がある限り、その支払い能力分だけカードを通して決済することができます。よく、デビットカードはクレジットカードの審査に通らない人が使うステータスの低いカードという人がいますが、デビットカードはその時点でのその人の支払い能力をもって支払う分、クレジットカードよりもその場ではその人の信用が高くなるというのはいうまでもありません。たとえば、60万円の家電を買うのにクレジットカードだと与信が足りずオーソリ(承認)がおりなかったり、(月々の支払いを軽減するために)分割で支払うことになることが多いと思いますが、デビットカードでは口座に60万円以上入っていれば一括払いで支払うことができ、クレジットカードより使い勝手が良い場合があります。なお、引っ越し・旅行などで出費がかさむときにもクレジットカードの与信が足りなくなることがありますが、デビットカードでは与信が不要な分現金さえあれば口座を通してかうことができます。

お得な場合がある

J-Debitはほとんどの場合お得でも損でもないですが、国際ブランドデビット(この2種類のデビットカードについては後述)によってはポイントバックやキャッシュバックがある場合がありお得です。また、不正利用などに対して保証がある上、現金と異なって落としたりしてもカード会社や銀行へ連絡することにより支払いを停止することで資産を守ることもできます。

日本のデビットカードは大きく2種類
J-Debit

日本でもっとも保有率が高く加盟店の少ないデビットカードです。基本的には銀行のキャッシュカードにデビット機能を載せることとなり、ネット銀行は取り扱っていない場合がありますが、そのほかのたいていの銀行はJ-Debitを取り扱っています。家電量販店などで利用でき、暗証番号は銀行のキャッシュカード利用時と同じです。使い勝手は良いのですが、キャッシュバックやポイントバックなどがほぼなく、加盟店が少なすぎてあまり利用する機会がありません。

国際ブランドデビット

日本では加盟店が最も多いデビットカードです。基本的には銀行のキャッシュカードとは別にデビットカードの申し込みが必要で、デビットカードが銀行のカードと分離していたり一緒だったりします。大手の銀行やネット銀行が取り扱っています。国際ブランドといって、クレジットカードと同じ決済スキームで決済が行われます。そのため、カードにはVISA,JCB,MasterCard等の表記がありクレジットカードの各国際部ランド加盟店でクレジットカードとして取り扱ってもらうことで、実際にはデビットカードとして即時払いで利用することができます。しかし、ガソリンスタンドや継続払い、オフラインクレジットカード決済など、一部の加盟店では利用できないことがあります。多くのデビットカードではポイントバックやキャッシュバックなどの特典があり、利用するだけお得になることが多いです。その上、万が一落としたり等してもキャッシュカードとは暗証番号を別に設定できるため安全な上、不正利用保険が付帯している場合が多いです。なお、クレジットカード同様にインターネット加盟店でも使うことができ、海外ATMでは現金をデビットカード経由で引き出すこともできます。

その他のデビットカード

実は日本で多く知られているのは上記2種類のデビットカードですが、それ以外にもデビットカードが存在します。それらは特定の枠組みで広く利用できるものではなく、加盟店と銀行が特別に契約して利用できるようにした形のデビットカードで、ローソンのデビットカードが有名です。ローソンではJ-Debitは取り扱っていませんが(ちなみに国際ブランドデビットは利用できます。)、代わりに個別に契約した銀行のキャッシュカードをデビットカードとして利用できます。銀行としてはゆうちょ銀行、大垣共立銀行、東和銀行、島根銀行、西京銀行が対応しており、キャッシュカードをデビットカードとして暗証番号を入力することで利用することができます。

おすすめのデビットカード
スルガ銀行

さまざまな種類のデビットカードがあるのが特徴です。貯めたいポイントやキャッシュバックによって支店を選び口座を開設することでデビットカードを発行できます。おすすめはDバンク支店です。


出典:スルガ銀行公式ウェブサイト

メガバンクデビット

大手メガバンク3行がそろってデビットカードを発行しています。みずほ銀行だけがJCBデビットでほかはVISAデビットです。キャッシュバックやATM時間外手数料無料など特典が魅力的です。

みずほ銀行デビットは旅行保険が、三菱東京UFJ銀行デビットは国内のショッピング保険が付帯しています。三井住友銀行デビットは年会費が無料です。


出典:JCBデビット公式サイト


出典:三井住友銀行公式ウェブサイト

出典:三菱東京UFJ銀行公式ウェブサイト

イオン銀行デビット

地方では、メガバンクが少ないことがありますがイオンの店舗はあるという場合があるのではないでしょうか。イオンの店舗にあるイオン銀行ATMで取引ができるイオン銀行の口座はとても便利で、イオン銀行キャッシュ+デビットもとても便利です。なお、審査を受けてもいいという方には、VISAデビットもあります。こちらはバックアップサービスという名前で10万円までの与信がつきます。

出典:イオン銀行公式ウェブサイト

セブン銀行デビット

こちらも地方で使いやすいデビットカードです。セブン銀行で取引できます。


出典:JCBデビット公式ウェブサイト

 

おわりに

デビットカードについて少しでも知っていただくことができたでしょうか。何か質問などあればTwitterまたはコメントにてお願いいたします。



【スポンサードリンク】

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!