【1分レポ】”コイキング焼き”たべてみた。

Pocket

くりこ庵のコイキング焼きを食べてきました!私がいったのは秋葉原店です。簡単な1分レポートいきます!



【スポンサードリンク】

外観
まず袋から

専用の袋に入って出てきます。大きなモンスターボールが印象的。素材は紙袋で、ほかほかな鯛焼きが入っているのがわかります。

中身は・・・?

中身はこんな感じ。コイキングはとっても小さいです。男性の方であれば3つぐらいは食べれそうな大きさです。作りはとても立派でまさしくコイキングです。中身の写真を撮り忘れてしまいましたが、中身はカスタードクリームです。厚みは結構あります。口にほおばれるほどです。

裏にはなんと歌が!

実は袋の裏にはコイキングの歌が載っています。コイキングの弱さを物語っていますね。でも、かわいいからゆるせる! 実はこの歌はお店で流れていました。

気になるお味

写真を取り忘れてしまったのが残念でなりませんが、中身はカスタードクリームです。きちんとしたお菓子屋さんなだけあって味は申し分ありません。ふっくらとしたコイキングの皮。中はさわやかな甘さのカスタードクリーム。秋葉原の町を歩き疲れた身体にご褒美になります。しかし、、、、コイキングなので鯛焼きではなく鯉焼きですね。

混雑時は制限される場合も。

公式サイトによれば、場合によって1人2匹までに限定されてしまう場合があるようです。もし、大量にお求めになる場合にはあらかじめ問い合わせておくと良いかもしれません。

関連URLなど

http://kurikoan.com/?p=1554 公式サイト

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!