【証書届いた】情報セキュリティマネジメント試験合格しました!

Pocket

遅くなりましたが、情報セキュリティマネジメント試験(以下SG試験)の証書が(1ヶ月前に)届いてたので報告とまとめです。



【スポンサードリンク】

SG試験とは?

平成29年現在では比較的新しい国家試験で、情報セキュリティに関してユーザ側からの知識を証明する試験です。試験的にはITパスポートの上位試験となります。合格率が現在は非常に高いですが年々下がる傾向にあります。おそらくは、初めのうちはすでに情報セキュリティが初学でない受験者が多いためと思われますが、今後は合格率はITパスポートより低くなるのではないかとにらんでいます。

どんな試験だったか

私は29年春の国家試験を受験しましたが、受験者は非常に多かったイメージです。少なくともマイナーすぎる試験では無いと思います。試験は午前試験と午後試験に別れていて、午前試験は知識を問われ、午後試験は判断力を問われるような試験でした。途中退出は可能です。試験受験に関しては過去に詳しいレポートや配点予想などを上げていますので良ければご覧ください。

自己採点の結果は?

自己採点の結果は明らかに合格だと踏んでいたのですが、試験なので、公式発表があるまで落ち着かなかったです。それでも自己採点をするとある程度気が和らいだので、余裕があれば回答内容を問題冊子(持ち帰れます)に控えておくと良いと思います。

合格発表

合格発表はインターネット上の速報、次に官報、最終的には合格証書の発送で行われます。官報は見なくてもインターネット上に載っている合格者一覧とほぼ同様の内容です。それでもみたい方はE官報をご覧になるか、官報掲示、若しくは政府系機関誌販売所で購入して閲覧することが出来ます。合格証書は角2の封筒に厚紙と一緒に入ってきました。二つ折り厳禁とあり、普通郵便でしたが、不在票が入っていたので郵便受けがある程度以下小さいと郵便受けでの受取は厳しいかなと思います。合格証書は再発行できず、一度しか手に入りませんので大切に保管することが必要です。

受験してみて

受験してみて、とてもよい経験となりました。まず何よりも情報セキュリティに関して一度はきちんと学んでおこうと思っていましたので良い機会を得ることが出来たと同時に、客観的にある程度セキュリティのことがわかる人間だという証明も出来ていると思うので受験価値は自分自身はあったと思います。最近はセキュリティに関してはよく話題となりますので、こういった資格を持っている人材は社会や企業から非常に求められていくと思います。しかしながら、まだまだ認知されていない試験でもあるため、これから認知されていけばさらに受験価値の高くなる試験だなという風に感じました。



【スポンサードリンク】

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!