モバイルバッテリーTNT換算してみた

便利なモバイルバッテリーですが、モバイルバッテリーだけに限らずバッテリーは危険なものです。



【スポンサードリンク】

簡単に比較してみよる

仮にモバイルバッテリー5アンペア時としたとき、USB2.0規格だと5V 0.5Aなので、

5Ah=0.5A*h

となります。ここから、定格で10時間電力を供給し続けることが出来ることがわかり、

P = 0.5A * 5V

Wh=2.5W * 10

から、25ワット時のエネルギーがあることがわかります。25ワット時はおおよそ21.5105キロカロリーであり、
1キロカロリーがおおよそTNT換算で1グラムなので、概ねTNT爆弾22グラムのエネルギーを持っていることとなります。

さて、これって・・・

これって大変なことです!TNT爆弾22g分ですよ!!!!

という論調を展開しようと思ったのですが、実はたった22g分しかないんです。よく(戦争などの戦場で)爆弾に使われるTNTは少なくてもキログラム、
通常はキロトンなどというレベルで戦場では使われますので、それと比べるとずっと少ないことがわかります。

しかしながら、トンネルなどの施工で使われるダイナマイトは小さいものだと50グラム程からあると聞いたことがあります。
そうかんがえると、約その半分ですから一番小さいダイナマイト半分のエネルギーを持つものをモバイルバッテリーとして持ち歩いているわけです。

これって非常に恐ろしいことだと思いませんか・・・?



【スポンサードリンク】

コメントを残す