【感想など】4DXで実写版ハガレン見てきました!【4DXレビュー】

Pocket

実は先日、4DXでハガレンの実写版映画を見てきました。初めての4DXで全く勝手がわからないままの鑑賞開始になったのですが、いくつか気づいたことがあるので映画の感想をちょっとずつ挟みながら、4DXレビューをしていこうと思います!



【スポンサードリンク】

4DXとは?

ハガレンの感想だけ知りたい方のために4DXが何かを簡単に説明しておくと、映画は2Dだったり3Dだったりするわけですが、それに加えて座席が動いたり香りが出たりという演出がある特殊上映のことです。一般には4Dといいますが、私が見たのは4DXというタイプの4D上映です。(映画自体の感想は最後にあります)

実際4DXどうなの

実際に4DXを見て思ったことがいくつかあります。それは「予想以上」に演出効果がでかいということ。座席はぐわんぐわん動くし、ドシドシ突き上げられたかと思えば、雨が降ってきて、なんか匂う・・・。私の場合は座席から放り出されるのではないかというぐらい座席の上でその影響を受けていました。実際、シートベルトがあってもいいかもしれないと思うほどです。4DXには視聴のために身長制限がありますが、お子様だましの域ではないことは確かです。

アトラクションとの違いは

座席が動いて水しぶきがあるというところだけをとってみれば遊園地などのアトラクションと同じように感じられますが、アトラクションほど水がかかるわけでもないし、座席が動くわけでもありません。あくまでも映画であるというところは尊重されているようです。しかし、アトラクションのような刺激を求める人にとっては物足りず、映画をじっくり見たいという方には邪魔という意見があるのも納得です。



【スポンサードリンク】

リアリティはない

4DXは座席が映画に合わせて動き、シーンの香り演出、雨も降るし、さながら映画の中にいるように感じられるのではないかと思われるかもしれませんが、そういうことはありません。あくまで動画にさらにエンターテイメント性を追加したというところが正しいです。例えば、ドアノックをするシーン。下からトントンと振動を感じましたが、実際のドアノックで地響きのような振動を感じたら大変です。間違いなくドアを破壊しています。そのほかにも、カメラワークに合わせて座席が傾いたりしますが、映画の登場人物に合わせてというよりも、宙づりゴンドラにのってそのワンシーンを見ているかのよう。空撮ドローンに乗ってるようなという表現が近いかも。

ただ、十分楽しい

映画をじっくり見たいという人には向きませんが、なんかちょっと刺激がほしいという人にはとっても向いていると思います。言葉ですべてを語るのは難しいので、あまり期待をせずにどんな人にも一度経験してもらいたい、というのが正直な感想です。

注意点など

映画館売店でポップコーンの大きいのとかを買うとよくトレイをくれますが、トレイは4DX上映では持ち込み禁止ですので売店で袋などに入れてもらうのがおすすめです。また、4DX上映では香りの演出があるので、ポップコーンや、コーヒー、香水など香りものは控えた方が4DXをより楽しめると思います。飲料は蓋なしだと間違いなくこぼれます。また、荷物を足下に置くことも出来ませんので4DXスクリーンの入り口にはロッカーがあります。しかしあまり大きなロッカーではないので大型のトートバックやリュックは控えた方がよいと思います。貴重品などは膝の上にのせるなら持ち込み可能です。



【スポンサードリンク】

写真紹介

スクリーンの入り口。左手にロッカーがあるのがわかります。写真が斜めってますが、ご容赦ください。

座席。4DXロゴがずらりと並んでいます。背もたれの頭部部分にある穴は空気が出てくる穴です。4座席が一つになっているのも特徴です。

ドリンクホルダー(右側)に水演出のON、OFFボタンがあります。表示部分のライトが映画上映中に気になるのではと思ったのですが、ほのかな明かりで全く邪魔ではなかったです。

前の座席の背に水がでる(と思われる)穴がついています。前の座席までは相当距離があり、足を伸ばしても前の座席をけることにならないのはGoodポイント。

座席。4DXロゴがあるところも後ろからドンと突き飛ばされるような衝撃があります。座席自体・座席座面も動きます。

意外とすごかったのがこの紐。ブルブル震えて足を触ってきます。長ズボン推奨。ちなみに足は床ではなくてフットレストにおいておきます。(紐演出と、座席が動く関係上)



【スポンサードリンク】

感想(映画の。)

鋼の錬金術師は、原作をガンガンでリアルタイムに、アニメは旧アニメ、新アニメ(FA)とリアルタイムで見ました。原作、アニメから大分時間がたっているので、物語の細部を忘れてしまっているところはありますが映画を見ながら、次第に思い出していきました。全体的に原作に忠実になるようにしようという努力が感じ取られました。ただ、映画の尺の都合上だと思うのですが結構いろいろ省かれているな~という感じ。つじつま合わせや省かれた結果、原作と展開が違うところがあります。映画はラストが死ぬところ(第五研究所)まで。続編つくらないのかな?ってちょっと思っちゃうような終わり方でした。

4DXが結構あってる

アクションシーンが多いハガレン。4DXが結構楽しめます。座席は結構動くし、雨のシーンでは雨が降る。そして一番印象的だったのが、香り。草原の匂い、雨の匂いなどなど・・・。匂い自体のバリエーションは少なかったのですが、シーンに合わせて香るのはすごくいいなと感じました。香りの中でも特に「おおっ!」と思ったのが人の香り。ウィンリィがすごくいい匂いがします(序盤)。ラストも匂うのですが、なんともいえないおおお・・・という匂い。でもキャラにはなぜか合ってて、ラストが現れたのが匂いでわかるほど。

ハガレンを見るなら2Dも4DXも見てほしい

まず2Dで映画自体を楽しんで、4DXで二度おいしい。というのをおすすめしたいです。4DX、高いですがとっても楽しいかったですb

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!