【Windows】仮想メモリはあった方が良いか、無効の方が良いか。

Pocket

Windowsの仮想メモリを設定する方が良いのか、それとも無効にしておく方が良いのかという議論が起こる事がありますが、近年RAM(主記憶)の容量の大きいコンピュータが多くなってからはよく聞くようになりました。



【スポンサードリンク】

実際問題、仮想メモリ(ページングファイル)はRAMの容量不足を補うものとして登場しましたが、プログラムによってはRAMよりもあえて仮想メモリにデータを置いておくプログラムがあるため、RAMの容量が十分になった今でも仮想メモリを無効にしておくというのは推奨されることではありません。

しかし、仮想メモリを無効にすればRAMのみにデータを置いておくことになるのでとりあえず動いているうちは高速になるのも確かです。一度無効で試してみて、エラーが出なければそのままというのは悪くない選択肢だともいえます。

結局、高速化のためには仮想メモリ無効、互換性のためには仮想メモリ有効にしておくというのが賢そうです。

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!