【予防って大事だね】インフルエンザにかかりました。

Pocket

インフルエンザにかかってしまいました・・・。(すでになおりました。)

結構罹って大変だったのでまとめたいと思います。現役大学生は役に立つかもしれません。
時系列毎に書いていこうと思います。



【スポンサードリンク】

2月5日月曜日 午前 発症

月曜日は午前中から定期試験があったので、朝起きてなんとなく体調悪いなと思いながらも出席して受験しました。考えてみれば、この時点でインフルエンザの「インフルエンサー」になっていたと思いますが、いま考えても時すでに遅し。定期試験を受験し終わり、お昼ご飯を食べる頃にはガクッと食欲が落ちて悪寒がしてきました。病院に行かないとまずい。と感じたのはこの頃です。大学の近くで病院に行くことはあまりなかった(外科にはかかりましたが、内科は経験がありませんでした)ので、病院を探すことになりましたが困ったことにお昼過ぎということはすでに病院の多くはお昼休み。病院がお昼休みを終わるまで待つこととなりました。しかし、この時点で病院に行って非常に困ります。。。

2月5日月曜日 午後 病院にかかる

運の良かったことに病院はまあまあ優しい先生と看護師さんの病院にかかることが出来てほっとしたのですが、インフルエンザの検査が「陰性」だったのです。先生に「抗インフルエンザ薬」出して!っていえば良かったのかもしれませんが、先生が出してくれたのは麻黄湯とカロナール。熱が下がらなければ(この時点で37.8度でした)、明日自宅の近くの病院に行くように言われました。

2月5日月曜日 夕方 帰宅

実は、この日もう一つ授業を受けねばならなかったのですが、なぜか手足の感覚がなくなってきたので早めに休むべきだと思って帰宅することにしました。翌日アルバイトがあったので慌てて欠勤連絡をしました。大学生でアルバイトをしている人は、インフルエンザの疑いがある時点でアルバイトに欠勤連絡を入れた方が良いと思います。私はこの時点でアルバイト先の他に大学の教務課にインフルエンザの場合、どう言った手続きが必要かを問い合わせました。大学によっては診断書が必要になったり、診療明細書を必要とする場合がありますのであらかじめ問い合わせておくとスムーズです。



【スポンサードリンク】

2月6日火曜日 ~ 9日金曜日 病人

この4日間が一番大変でした。火曜日の午前中に自宅近くのかかりつけ病院にいって(当時熱は39度を超えていました)、インフルエンザB型の診断を受け抗インフルエンザ薬を処方してもらったのですが、体調が悪いときに病院に行くくらいなら、まだ身体が動くうちに病院に行き抗インフルエンザ薬を出してもらった方が100倍楽だったと後悔しています。また、体調が悪くメールを書くのもしんどかったのですが、講義を欠席する先生全てに欠席の連絡をすることも必要だったので、なんとか寝床に臥しながらスマートフォンで連絡を入れました。大学の先生によっては大学から与えられたメールアドレスでないと連絡を受け付けない場合があるので、大学のメールアドレスを普段からスマートフォンのメールアプリに登録しておくとこういったときにスムーズに連絡をすることが出来ます。

結局、金曜日まではそんなこんなでずっと重力に逆らうことさえできず、パン類を食べながらベッドで休んでいました。初めのうちは高熱が出てしんどいですが、熱が下がってきても身体のしんどさ(頭痛や倦怠感)はずーっと続いていました。シャワーを浴びたり、トイレに行ったりするとすぐ吐き気を伴う気分の悪さに襲われるのが今回のインフルエンザの特徴だったかなと思いますが、頭痛がひどいよりかはまだましだったと思います。

2月10日土曜日 ノートを取りに大学に行く

この日、どうしても大学に行く必要が出てきました。テスト対策の講義をする上に友人が履修しておらず、ノートを手に入れる必要があったのです。仕方が無いのでなんとか大学に行きましたが、ヘロヘロな状態でその講義を受けてすぐに帰りました。その日は家に帰宅したらすぐに寝ました。

2月11日日曜日 家事が出来るようになる

ようやく体調が戻ってきて、家事を出来るようになりました。身の回りの事が滞っていたのでこの日一日は家事で一日を費やしました。

2月12日月曜日 アルバイト

この日はアルバイトのシフトが入っていたのですが、正直休めば良かったと後悔しています。まだ体調が復帰しておらずやっと治りかけてきたところで身体を酷使してしまったからです。結果として体調が再び悪くなるといったことはありませんでしたが、発症して数えで1週間(仮に5日発症だと+7して12日)までは家で休む必要があるなと思いました。



【スポンサードリンク】

2月13日火曜日 回復したが、後始末が大変

インフルエンザからやっと回復して、通常とまでは行かないものの動き回れるようになりました。が、休んでいた間に〆切がきていたレポートや、休んでいたために手をつけられなかったレポートをやるのがとても大変でした。インフルエンザにかかったりして長期間休むときはアルバイトのシフトなどは入れずに体調がちょっとでも良くなったら大学のレポートやノートを取りに行くなどの学業から復帰していくのが良いかなと思いました。

来年は予防接種を受けよう。

私は去年予防接種を受けなかったのですが、予防接種を受けなかった年は毎年インフルエンザに罹ってしまいます。予防のために「うがい・手洗い」が大事だと病院でも言われましたが、インフルエンザの予防接種も重要だと感じています。特に大学生や社会人では健康管理も自己責任で行わなければならなくなってくるので、病気になる前にかならず予防、病気になってしまったら、すぐに連絡して休むべき時はしっかり休むというのが復帰のための最短ルートだと思いました。



【スポンサードリンク】

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!