VPSと自宅サーバの速度テストをしてみました

Pocket

今回もかるーい記事です。ただ単にVPSと自宅サーバの速度テストをしてみたので公開します。



【スポンサードリンク】

サーバを利用したい個人の方では自宅サーバとVPSでどちらにするか迷っている方は多いと思いますが、自宅サーバは簡単にコンソール・物理デバイスにアクセスできる・安価などメリットもありますが、管理に手間が掛かったり、火災の危険性・プライバシー保護に細心の注意が必要など面倒なことも多いです。個人的にはVPSを推します。

自宅サーバはいわば自宅のネットワークで共有の回線であることが多いと思いますが、うちの場合は別回線(厳密にはFTTH回線は1回線、ただインターネットへのゲートウェイがプライベート用とサーバ用などで複数あるという状態です。)で使用しています。VPSはリソースは通常全て他のホストと共有されます。その為、VPSの方が遅くなるか・・・?と思ったのですが、どうやら家庭用回線は別の要因で遅くなることが多いようです。

VPSはお名前のKVSです。自宅サーバはほぼ同様スペックの専用サーバです。上りに関してはほぼ倍、ダウンロードでは8倍ほどの差が出ています。ただ、この結果は少しVPSに有利な環境で行われているようで、OPEN Projectのサーバまでネットワーク的にVPSの方が近い場所にあるようです。pingでみるとVPSが20ms、自宅SVは79msと4倍ほど自宅サーバが遠いようです※。

家庭用の回線はゴールデンタイム(平日の夕方~夜)には非常に低速になるのもデメリットですが、今回は平日の午前中にテストしているためあまりこの点に関しては結果にコミットしていないはずです。

※厳密には回線速度が異なっているので一概に4倍とはいえませんが、どちらも十分早い回線を利用しているので同じ回線を使用していると仮定したら、という話です。

ただ、一つ気になるのはVPSは100Mbps共有の回線と公式発表ですが、結果では下り562Mbps出ているため謎です。おそらくは機器更新で1Gbpsに対応したのではないかという予想ですが、あくまで公式では100Mbpsのようです。現状では。



【スポンサードリンク】

ご覧の皆様の何らかの判断の足しになって頂ければと速度テスト結果を掲載してみました。応答速度は環境によって変わるので今回の結果が必ずしも常ではないことを考慮のうえ、VPSか自宅サーバか判断して頂ければと思います!

スマートフォンでコメント欄の表示がおかしいときは、PCブラウザ表示か、Firefoxをご利用ください。

コメントをどうぞ!